引越しばかりに限らず、仕事をきっちりと

引越しばかりに限らず、仕事をきっちりとやれる人は、段取りを組むのがうまいと言われます。引越しを行う場合、どの順に積むかどの物をどんな感じで収納するか等、意外なことに頭を使う作業です。なので、業者のスピーディーな作業に惚れ惚れした経験のある方も多いと思われます。



我が家が埼玉県から東京で住むことになった時、パソコンを荷物と一緒に荷造りするか悩みました。

自分たちには車があったので、夫が細かい荷物や大事なものと一緒にパソコンものせて新宿に持ち運ぶことにしました。

PCはどれだけ梱包しても、万が一、誰かが起動させようものなら、個人データが沢山あるので、とても不安にかられたからです。
引越の時に立ち会って確認することは、面倒でもしっかりやっておくことをおすすめします。


家賃を払って借りていた物件の場合には、不動産業者や大家さんが確認のために立ち会うことになります。敷金をいくら返還するかに、関係してきますから、とにかくキレイに清掃作業を完了しておいてください。また、修繕をしなければならない箇所を、両者がチェックすることで、あとから問題が起こることを防ぐことにもつながります。転居のため荷物をまとめる時に皿やグラス、雑貨で破損しやすい物はタオルや洋服等の布で包んで梱包しますいらない雑誌や新聞紙でも大丈夫ですが、想像以上に量が多くなり、捨てることが大変です。引越し作業がお終わると、大量の空っぽのダンボールが出ますし、そのうえ紙くずも出ると予想以上に場所を取ってしまいます。前日に引越しの予約をキャンセルすることになり、引越し業者へ連絡をとったところ、キャンセル料が、引越し代金の10パーセントかかりますと宣告されました。

以前別の引越し業者でキャンセルをしてしまった時は、引越しの前の日でも引越し代金を全額支払いを命じられたので、今回は想定よりも安く済んで、ほっと安心しました。転居が完了した後に必ずくるのが、新聞屋さんとNHKかもしれませんね?まるで転居を見ていたかのように早急な対応ですよね。



最近は、パソコンが当たり前の時代なので、昔よりは、拒否しやすいわけですが。ニュースはネットで確認することができますから、テレビがなかったとしてもぎこちなくありません。これにより、NHKの受信料は払う心配はありません。



引越しは非常に大変ですが、家に犬がいる方の場合は凄く大変かと思います。

どうしてかというと、引越し当日、犬が引越しの際に邪魔をしないように注意しておく事が、必要だからです。

また、犬を新しく移った家に連れて、引越し業者の車が着く前に間に合っていなければなりません。



引越しを行うときに業者に頼まず自力で行うケースがあるでしょう。
特に、ごく近い距離での引越しだとトラックなどを借りずに荷物を運搬することは、できると思いますが、台車は用意しておいたほうが良いです。室内の移動をする時には分かりにくいですが、ちょっとした、家具などでも意外に重たく感じるものなのです。かつてからの夢だった戸建ての住居を購入しました。転出の前にそれぞれの部屋にクーラーを設置しなければなりません。必要なクーラーの数は四つ、なかなかの支出です。



それでも、大きな家電量販店で一気に四つ買うからと頼み込むと、かなり割引をしてくれました。予定していた料金よりも、とても安く住みました。アタシは以前、分譲マンションでWベッドを寝室で使っていました。過去のいきさつで住居を手放し、狭い賃貸しタイプの棲家へ引越しすることになったのですが、ベッドが寝室に入らないことがわかりました。

本意ではありませんが知り合いに譲り、滞りなく引越しを終えましたが、新しく購入した寝台は次に引越した時に入らないと無駄になるので、大きくないシングルベッドにしました。

ページの先頭へ